特定非営利活動法人スマイルシード

【3.11の絆】当たり前が当たり前でなくなった瞬間、それから私たちは

WRITER
 
311絆
この記事を書いている人 - WRITER -
Smile Seed専属ライターのYaah!(ヤー!)です。Smile Seedのサイト上で、お役立ち情報を中心に情報を発信して行きます。

Smild SeedライターのYaah!(ヤーッ!)です。

東日本大震災(以後3.11)直後、「」ということが盛んに言われましたね。

 

今回は、

・なぜ3.11で絆を強く感じたのか

・絆から何を学んだのか

・日常で3.11での学びをどう活かしたらいいのか

などを私の視点で、話しますね。

 

 

3.11の絆

311絆

 

絆の意味を辞書で引くと

 

1、人と人との断つことのできないつながり。離れがたい結びつき。

2、馬などの動物をつないでおく綱。

と出てきます。

 

3.11での絆とは

「人と人との絶つことのできないつながり。離れがたい結びつき。」

のことですね。

 

特に「絶つことのできないつながり。

この言葉に共感いたします。

 

3.11を経験した日本は、改めて

「絶つことのできないつながり」

を認識したのです。

 

「絶つことのできないつながり」は日本にとどまらず、世界中の人たちが、日本に関心を寄せた瞬間でもありました。

私たちは、3.11の時「一人では生きていない」ことを体感せざるを得ない状況がありました。

 

 

3.11それぞれの絆

311絆

 

「絆」は家族から、世界へ大きな繋がりとなりました。

 

「絆」の最小単位は「家族」ですね。

その輪が、町となり県となり国になるわけです。

 

3.11によって、その輪がどれほど尊いことなのか、世界的に実感しました。

 

誰もが心を痛め、かける言葉も見失った時、「絆」こそが救いだったと言えます。

 

一人じゃない、誰かと繋がっている・・・・

「人と人との絶つことのできないつながり」

がそこに存在していました。

 

私自身、従姉妹を3.11で無くしております。

やはりこの「絆」に救いを求めました。

どんな言葉よりも、「つながっている」ことに救われたのです。

 

苦しみの涙を共有してくれる人、痛みを分かちあえる人たちがいました。

時にはそっとしてくれ、時には背中を押してくれたのです。

 

でも、被災地で見たことや、聞いたことは、私のキャパを遥かに凌駕しました。

 

人の数だけ「絆」があります。

そして、3.11の時、その絆が一つになった瞬間でもあったと実感します。

 

 

2019年、台湾に1週間滞在して分かったこと

311絆

 

3.11の時、世界が日本に援助をしてくれました。

中でも有名なのが、台湾が行った援助ですね。

 

私は、台湾がどれほど日本に尽くしてくれたのか、実際に台湾に滞在して体験しました。

仕事の関係で、台湾に1週間ほど滞在することになりました。

 

台湾は、世界一親日であることは知ってました。

しかし、実際に台湾で体験した親日度合いは、想像を超えるものだったのです。

 

現地で知り合った人たちに、

「3.11では本当にお世話になりました。ありがとうございます」

ということを伝えるようにしました。

 

3.11の時の台湾の状況を、多くの台湾人の方々から聞きました。

 

その当時は、全国津々浦々、幼稚園、学校、会社あらゆるコミュニティに、日本を助けようという気運が最高に達したそうです。

 

義援金はもちろんですが、励ますためのメッセージ動画を作成したり、手紙を書いたり、SNSで呼びかけたり、あるゆる手段を講じて日本を助けるために、動いたとのことでした。

 

台湾では、今でも電車に乗ると、若い人は年配の方へなんの躊躇もなく、席を譲ります。

また私が、電車でどこで降りて、どう乗り換えていいか分からず困っているときに、近くの青年に尋ねました。

するとその青年は、自分が降りる駅ではないのに、私に同行して電車を降りて、乗り換えのホームまで連れて行ってくれたということがありました。

そしてその青年は、役目を果たすと、スーッと去って行ったのです。

 

このような感覚が、今でも台湾には存在しています。

この他人を思う気質が、あればこそ3.11にあれだけの援助をしてくれたのだと実感したのです。

 

ここでも、私が知らなかった「絆」が存在していたのです。

3.11から約8年も経過して、知った日本と台湾の「絆」でした。

 

 

3.11で学んだ絆を風化させないために

311絆

 

3.11で学んだこと、教えられたことは数知れません。

そして、学びを生かすも風化させるのも、学びを得た人たちによります。

 

人は時間とともに、良いことも嫌なことも忘れます。

だから生きていける、とも言えます。

 

3.11の学びの多くは「失う」ことによっての学びです。

水道が止まり、電気、ガスも不自由になってみて分かったこと。

さらに、家も失い、住む土地さえも失いました。

そして、尊い命までも失ったのです。

 

この失ってみて学ぶべきものは、何だったのでしょうか。

私はその一つに「感謝」だったのではと思います。

 

人は感謝を失うと「当たり前」になります。

 

水があって当たり前

ガスがあって当たり前

電気があって当たり前

家があって当たり前

命があって当たり前

 

あって当然と思っていたものなので、当たり前になってしまいますね。

 

しかしそうではなかったことを、教えてくれました。

 

「感謝」とは「有難い」という言葉でも表せます。

有難いとは、「有り得難い」「有り得ることが難しい」からきてます。

 

日常の何気ないこととは、見方を変えれば

「有り得ることが難しい」ことの連続です。

 

水は私たち人類が存在する前から、あります。

ガスも電気もそうです。

これって「有り得難い」と言えませんか?

 

命に至っては、いくら科学が進歩しても未だに解明されていません。

 

そのことに気付けることは「有り得難い」ことだったのです。

 

3.11での学びや教訓を日常の中で、生かす生き方とは「感謝」をして生きることではないでしょうか。

水、空気、電気、家、道路、家族、命あらゆるものに対して「有難い」そう感じることができれば、とても豊かな生き方ではないでしょうか。

 

私自身、不足や不満を絶えず患うのではなく、「有難い」「ありがとう」を口癖に生きよう!そう願っています。

この記事を書いている人 - WRITER -
Smile Seed専属ライターのYaah!(ヤー!)です。Smile Seedのサイト上で、お役立ち情報を中心に情報を発信して行きます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© スマイル シード , 2020 All Rights Reserved.