特定非営利活動法人スマイルシード

【ボランティアのきっかけ】意外に多い理由とは、考えてみれば当然?!

WRITER
 
ボランティアのきっかけ
この記事を書いている人 - WRITER -
Smile Seed専属ライターのYaah!(ヤー!)です。Smile Seedのサイト上で、お役立ち情報を中心に情報を発信して行きます。

ボランティア自体を、ご存じない方はいませんね。

その反面、なぜボランティアを行うのか?

そういう疑問って、少なからず抱く方も多いのではないでしょうか?

「ボランティアをやるきっかけ」

それってどうきっかけなんだろう・・・・

そこには、西洋と東洋では、以外な視点の違いがあるかもです。

「ボランティアをやるきっかけ」について、少し変わった角度で考えました。

 

 

ボランティアのきっかけは、○○が49%【文部科学省調べ】

ボランティアのきっかけ

 

ボランティア活動に参加した直接的きっかけ

ボランティアきっかけグラフ

(注)回答者はボランティア活動に参加したことのある人612名。文部科学省より

 

ボランティアのきっかけで、一番多いのが

「自分の自発的な意思で」で49%というデータがあります。

 

ボランティアさん記者のほぼ、半数が

「自分の自発的な意思で」ということなんですね。

 

 

ボランティアをする具体的なきっかけ

ボランティアのきっかけ

 

私の周りの話しになりますが、参考までに実際にボランティアのきっかけとは、どういうものか話しますね。

 

海洋生物に興味がある方が、次のようなボランティア活動を行っています。

それは、海岸の清掃活動です。

 

海洋生物のことを勉強していった時に、海が汚れていることを知ったのがきっかけになってます。

 

何か自分が好きなことや、興味のあることから実情や実態を知り、ボランティア活動に至ってます。

 

私の町内では、子供が朝の通学の時に、道路で安全確保をしている、「おじさん集団」がおります。

この方々は、当初我が子が小学校に登校する時に、当番で道路の安全確保をされていました。

その後、我が子が小学校を卒業しても、朝、道路の安全確保をしてくださっています。

 

また、その輪が広がり、今では町の治安維持のため、パトロールもしています。

 

地球の砂漠化問題の深刻さ知り、植林活動を行う青年たち。

地球上で今もなお、1日に東京ドーム約3.500個に相当する場所が、砂漠化していることを知ったのをきっかけに、ボランティア活動に参加されています。

 

住んでいる町で、子供たちが積極的に町のゴミ拾いの姿を見て、町の美化のためにボランティア活動を始めた方もいます。

 

この方は、子供たちが道路に落ちているタバコの吸殻や、空き缶などを拾っている姿を間近で見たとのことです。

そのゴミの多くは、大人たちが捨てているゴミです。

大人たちが捨てたゴミを、子供たちが拾うということを知った時、とても恥ずかしい思いになったのでした。

そこで自ら、ゴミ拾いをするようになったのです。

 

その他にも、親しい方や、尊敬する人がボランティア活動をしていたから、というきっかけも多くあります。

学校や会社で、ボランティア活動をしていたからというのもありますね。

 

こちらで紹介した、具体的なボランティアをやるきっかけはほんの一部です。

ボランティア活動は「何かのために」が根底にあります。

この「何かのために」の何かを「未来のために」とも置き換えられます。

 

ここで2つの考え方が生まれます。

1、少しでも、キレイで快適な世界を未来に残したいという考え。

2、今が良ければ、未来のことはどうでもいいという考え。

です。

 

1と2では、どちらが豊かな考えかは、判断に難しいくないですね。

自分を突き動かすきっかけは、様々あります。

 

しかし、共通的に言えるのは、「未来のために、できることを」とも言えるかもしれないですね。

 

 

ボランティアのきっかけがなぜ自発的が多いの?

ボランティアのきっかけ

 

自発的にとは、自ら進んでという意味ですね。

ではなぜ、自発的がボランティアのきっかけで多いのでしょうか?

 

人は誰からに言われて、行動するのが嫌ですね。

またボランティアは、頼まれてするものではありません。

 

なので、ボランティアのきっかけが、自発的が多いのは、当然の結果とも言えます。

 

しかし、少し深堀すると、自発的の中にも色々あるのではないでしょうか?

 

例えば、

 

・自分自身が、何か不自由な体験をして、そこから誰かを助けたいと思った。

・知人がボランティアを体験して、とてもいいという話しを聞いた。

・尊敬する人が、ボランティアをやっていた。

・ボランティア活動を行うと、自分にとって有利になる。

・所属している組織(学校や会社等)の活動の一環としてボランティアがあった。

 

など色々考えられますね。

 

ではなぜ、自ら自発的にボランティアをするのか、次に考えてみましょう。

 

 

ボランティア活動を、なぜしようと思うのか?

ボランティアのきっかけ

 

ボランティア活動をなぜしようとするのか?

という疑問の裏には、

 

なぜ報酬もないのに、労働を提供するのか?

 

なぜ自分にとって、有益ではないのにボランティア活動をするのか?

 

というところから、疑問が湧くのではないでしょうか?

 

ボランティアのきっかけがあっても、根本的にやろうと思っていなければやりませんね。

 

ボランティア活動は、社会の潤滑油のような役割をしています。

潤滑油とは、エンジンオイルのようなものです。

 

エンジンは、その性能を発揮するためにエンジンオイルが必要不可欠です。

しかしその存在が認識されることもない、地味な存在です。

 

社会においても、ボランティア活動によってどれだけ円滑になっているのか、測りしれまん。

そして結果的に、自分自身の環境をよくしていくことになります。

 

例えば、世界のホテルでどの国のお客様が評判がいいのかというと、1位が日本です。

この評価は、マナーや部屋の使い方、態度など色々な総合評価で決まります。

 

特に部屋の使い方においては、抜群の評価を得ているようです。

ベットや、洗面台などもキレイにし、タオルなども持ち帰ったりしません。

 

対価を支払って、宿泊したホテルの部屋を、キレイする必要はないかもしれません。

でもキレイにした方が、何かと気持ちがいいものです。

 

去る時、後を濁さず的感じでしょうか。

 

このような感覚って、日本人が強いんですね。

日本国内にいると、あまり気付かないことですが、海外からみるととても好印象な習慣のようです。

 

また電車でも、海外の方からみると驚きの対応があります。

それはローカル線でも、車イスなどの方への対応です。

 

乗車位置を把握して、乗り降りのサポートをします。

 

コンビニエンスストアなどの対応も、そうです。

暖かいものと、冷たいものを分けたり、礼儀正しく挨拶をしますね。

アパレルショップなどで、服を購入するとちゃんと畳んで、袋に入れてくれたりもします。

 

このような対応って、海外からみるととっても驚きなことのようです。

 

これらは、ボランティア精神があるからではないでしょうか。

そして、結果的に自分も相手も気持ちよくなります。

 

日本人に染み付いた感覚が、何かのきっかけでボランティアをやろう!

そう思わせているのかも、知れないですね。

 

 

まとめ

ボランティアのきっかけ

 

ボランティアをやるきっかけは、約50%は自ら進んでが多い。

 

ボランティア活動をやる具体的なきっかけは、人それぞれあります。

 

・何かに興味を持ち、その実情や現状を知ったのがきっかけになる。

例えば、海の汚染や、環境問題など。

 

・地域の環境をよくしたいという思いが、きっかけになる。

例えば

登校する子供たちの安全を確保するため。

町の美化のためになど。

 

・知人や尊敬する人が、ボランティア活動をしているのがきっかけになる。

 

・所属する組織で、ボランティア活動をしたり、推奨している。

 

など、きっかけはたくさんある。

 

ボランティア活動の根底には、「未来のために」という共通する思いが込められている。

この記事を書いている人 - WRITER -
Smile Seed専属ライターのYaah!(ヤー!)です。Smile Seedのサイト上で、お役立ち情報を中心に情報を発信して行きます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© スマイル シード , 2020 All Rights Reserved.